英国系ゴールデン Quon 10歳になりました

7月で10歳になりました。わが家では最年長記録になりました。これまでは初代のWOWの9歳4か月が最長でした。

大型犬の場合は比較的短命で10歳を超えると長寿の部類に入ります。毛色の濃いアメリカンタイプのゴールデンレトリーバーの場合、目の周りや鼻の周りが白髪になり加齢が見た目にもわかるのですが、色の白い英国タイプのゴールデンはその点見た目には加齢が分かりません。

でも、体の調子にはいろいろな変化が出てきます。

足の衰えから来るのでしょうか?階段を嫌がったり、おしっこの失敗が増えたり・・・

先日は夜中にひたすら歩きまわるいわゆる「徘徊」のような行動がみられ「犬にも認知症があるのだろうか?」と思うことがありました。その時は散歩に行って収まりました。ネットでいろいろ調べてみると「昼夜逆転」「ストレス」など原因があるようでした。

日中、しっかり散歩をする、日光に当たり昼間に適度な疲労感を味わっておくなどの対策が記されていました。天気の良い日には畑仕事などにはできるだけ一緒に出掛けしっかり日を浴びるように心がけるようにしました。徘徊はなくなりました。

ウメの収穫

これまでの先輩たちが病気のために比較的短命だったので少しでも長生きしてほしいと名付けた「QUON=久遠」まだまだ元気でいてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。