大雪 その2

集会所にとめている車の様子を見に行くことと、
集会所の除雪をしておけば最悪家内たちもそこまでは帰ってこられると考え
黄色の除雪機で集会所へ向かうことにしました。(夕方5時頃)

集会所までも雪をかきながら進みます。
ようやく集会所に到着。車は大きな雪の山になっていました。
車の雪を落とし周囲を除雪機でかきました。
集会所の駐車場を3往復ほどしたでしょうか、突然除雪機がエンジンストップ
あれこれやってみましたが、その後二度とエンジンがかかることはありませんでした。

ふと集落の向こうのほうを見ると市の除雪車の黄色いライトが見えました。
ようやく生活道路の除雪に入ることができるようになったようです。
こちらは除雪機アウト!
(中古で買って10年、よく頑張ったものです。)
黄色くんはあきらめることにしました。
しかし、車は雪の山の中。何とか車の姿を見えるようにして
だめもとで車を動かしてみました。
なんと、腰まである雪の中を雪をふみつけて動くではありませんか。

その頃には我が家までの道路は
きれいにではありませんが、何とか車が通れるように除雪してくれていました。
そのことを家内に連絡し、津山から帰ってくることに・・・。
津山からの帰り道も大変だったようで、普段1時間で帰れる道のりを
3時間かけて、帰ってきたのは夜10時を過ぎていました。

ここからがまた大変なことに

この写真は我が家の裏です。
積もった雪と屋根から落ちてきた雪がつながってしまっている様子です。
このままでは、まどを押し割ってしまう危険がありますし、
この雪の下にはお風呂のボイラーがあるのです。

これはお風呂のまどから見た様子です。
「もれてくる光のブルーがきれい」と思うのは一瞬だけ。恐怖です。
しかし黄色くんは役に立ちません。かといって、これだけの雪を人力でどけるのは無理なはなし。
新しい除雪機が必要です。暮らしのために、いのちを守るために・・・

ネットで探しました。
今年の大雪で日本中の除雪機が売り切れ状態になっていました。
中古はあるのですが、ネットでは程度がわかりません。
ひょんなことで新車が2台残っているHPにぶつかりました。
長野の機械屋さんです。
どうしようかと一晩迷い、翌朝そのHPをみてみると1台が売れて残り1台に変わっていました。
急きょ家族会議を開き、購入することに決定、早速その機械屋に電話
「商談中ですが、本当に困っておられるところにできるだけ早く届けてあげたい」という社長に
事情を話すと、こころよくOK→GOサインを出してくださいました。
長野からの配送ですが、2日で届きました。

強力な助っ人を得て、除雪作業の再開です。


YAMAHAの青くん参上

セルでエンジンがかかりライトもついていて夜でも作業ができるのです。
夢のような「新車」の参入です。雪も遠くまで飛びます。
黄色くんは集会所の駐車場で眠っています。
(後日近所の人に修理が必要なことを了解していただいた上でもらってもらうことになりました。)

雪の山に突入!
除雪機でこの山を崩すには、クワやスコップで少しずつ削り落とし、削り落とした雪を除雪機で飛ばす。
この繰り返しです。
怖いのは屋根から落ちてくる雪に埋もれてしまうことです。家内と一組になり常に上を見てもらっての作業です。
屋根雪を長い板やクワでわざと切り落とすこともしなければなりません。
危険を感じて作業をいったん止めた直後に落雪があったこともありました。

落ちそうな屋根雪を落とす

山の雪を削り落とす

落ちてきた屋根雪

削った雪を飛ばす

まる一日かかってやっと開通

なんとかあれだけの雪の山をキレイにどけることができました。

1件のコメント 大雪 その2

  1. aoki より:

    Unknown
    本当にすんごい雪ですね!
    雪かきするのに、GPSをつけて作業しないと、万が一、雪に埋もれてしまったら…、雪が溶けるまで冷凍状態になっていまいますよね。

    もうそろそろ雪も降らなくなってきていますが、3月に入ったら、また寒くなってくるようですので、お気をつけください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です